cj中嶋のドロップシッピング  究極の商品選択&集客テクニック

2008年09月12日

新しいiPhone 3G用i-smartphoneはSIMカードをカットする必要がありません

ちょっと考え方を変えるだけで出来てしまいました。

 

いままでのi-smartphoneはシート上のICの厚みがSIMカードと干渉するため、SIMカードの一部をカットしないとスロットに入りませんでした。

i-smartphone for iPhone 3G

上記のようにカットする必要があります。

 

ところが最新版のiPhone 3G対応i-smartphoneではその必要がなくなりました。

確かにICチップはついていますが、その位置はSIMカードとの接触面の裏側になり、全く干渉することがありません。

まさにコロンブスの卵的な発想です。

 

通常ですと、反対側にICを付けても厚みはそのままなため、そのまま一般の携帯電話に入れるのは難しいのですが、

iPhoneの場合はSIMカード用のトレイは厚さに少し余裕があるためなんとか入ってしまうのです。

 

i-smartphone for iPhone 3G

 

専用のトレイが付属していますので、これにi-smartphoneとSIMカードを重ねて入れるとぴったりです。

i-smartphone for iPhone 3G

 

当店でDocomoおよびSoftBankそれぞれのSIMカードを使って試してみたところ発信・着信とも問題なくできした。

auについては未確認ですが、おそらく可能かと思われます。

posted by DiskHouse at 18:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | 携帯電話 | この記事へのリンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
3Gアンロックということですが、ちなみにインターネットの利用は他社SIMでも問題なく可能でしょうか?

例えば海外のSIMを指して海外で使うとか・・・
Posted by suna at 2008年09月13日 07:16
結論から言いますと
docomoとソフトバンクは標準の3Gです
auは通信方式がCDMAなのでSIMカードは同じサイズですが使用不可です。
Posted by hiro at 2011年09月27日 10:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Apple Store(Japan)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。