cj中嶋のドロップシッピング  究極の商品選択&集客テクニック

2008年12月03日

Nokiaが日本での携帯電話端末の販売打ち切りを発表

Nokia は、2008年11月27日、日本における携帯電話端末の販売および販売活動を打ち切ると発表しました。(Nokiaからの重要なお知らせ)

その理由は、「現在の厳しい世界的な経済傾向の中では、日本独自の製品展開のための投資を続けていくことはできない、との判断を下した」ということです。

海外での販売なら一種類を作ると、世界で販売することができますが、日本で販売する場合には、Docomo、Softbankそれぞれから要求される機能を付け加えないといけないのですね。
これが日本独自の製品展開というところになります。

この開発費用の投資額が見合わないのでしょうか、ついにガラパゴス化している日本の携帯電話をNokiaが見捨てたということです、

 

 

今後発売を予定されていたSoftbank向け「Nokia N82」「Nokia E71」、Docomo向け「Nokia E71」の販売もなくなるようです。

以降Nokiaの携帯電話を購入する場合は海外のSIMロックフリーバージョンを使う以外方法がなくなりますが、この場合、当然日本語は使えなくなりますね。

e71.jpeg  n82.jpeg

 

 

ラグジュアリー携帯電話部門の Vertu(ヴァーチュ)は、引き続き日本での活動を強化していくとのことで、高級部門は十分な利益がとれるようですね。

vertu.jpeg

グローバル R&D およびソーシング事業は引き続き日本での活動を続けるということで、故障などのサービスは引き続きしてくれます。

posted by DiskHouse at 09:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯電話 | この記事へのリンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Apple Store(Japan)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。