cj中嶋のドロップシッピング  究極の商品選択&集客テクニック

2009年06月03日

「PSP Go!」発表!!

先日のリーク画像・動画通りのPSPが 出ましたね。

「PSP Go!」

090602e3sony74_R.jpg

その特徴は、

• 3.8インチのLCDスクリーン
• スライド式コントロールパッド
• 16GBフラッシュメモリ内蔵
• Wi-FiとBluetoothを内蔵
• M2メモリースティックマイクロ専用ポート
• アナログジョイスティックは2本目なし
• UMDドライブなし
• Sense Meアプリで気分に応じて楽曲再生もできる
• 白と黒の2モデル

090529PSP_GO_000.bmp_R.bmp_R.jpg

日本ではあまり浸透していない M2メモリースティックマイクロに対応で、店頭に並ぶことも遠くないことでしょう。

最近フラッシュメモリの価格が上がってきたと以前の日記で書いていましたが、やはりソニーが大量発注していたようですね。

Appleも新型iPhone用に大量発注をしていると思いますが...

 

今までのPSPとは形がかなり変わったことから、50%小型化され、重さも40%軽くなったようです。

さらに大きな変更点は、UMDドライブがなくなったことでしょう。

M2を採用したこととUMDドライブ本体のかなりの容量をとっていましたからね。

 

では、これからどうやってソフトウエアを買うのかというと、「PlayStation Storeでデジタル配信」というかたちで買うことができるようです。

動画デリバリサービスでは9400本を超えるTV番組(Showtime、Anime Network、Manga、UFC、HDNet、E!、G4、Magnoliaほか)と映画1900タイトルを取り扱うそうですが、はたして日本でも同じようなサービスが出るかどうか。

日本の業界ははこのへんに関して腰が重いから苦戦するような気がします。

090602pspgo1_HandsOn_R.jpg

発売時期は欧州・米国は10月1日、日本は11月1日発売ということで、日本のほうが遅くなるのですね。

はたして欧州・米国で購入したPSP Go!を日本に持って来てPlayStation Storeでソフトを購入できるのか...

価格は価格249ドル、249ユーロ、2万6800円(税込み)で、米国>日本>欧州と米国で買ったほうが一番お得ですね。

090602e3sony_Price.jpg
posted by DiskHouse at 11:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | この記事へのリンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Apple Store(Japan)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。