cj中嶋のドロップシッピング  究極の商品選択&集客テクニック

2007年09月17日

Windows Liveメッセンジャーで手書きチャット

blog ranking

「あの文字ってどのキーだったけな〜?」

文章を書いているとき、たまにこういう事態になることありますよね。
ワードなんかで文章を書いているときは時間をかけて調べればいいけど、チャットではそうはいかない。

確認しているうちに、違う話題に行ってしまったふらふらってこともあります。

こんなとき、手書き入力できれば、すぐに自分の思ったことを相手に伝えることができます。モヤモヤはもう、なし!!

実は(知っている人は知っていると思いますが)、Windows Live Messengerでは、キーボードの入力以外に手書きで入力ができるのです。


その方法は、

会話ウインドウの右下に鉛筆のアイコンが見えますか?

これをクリックすると会話ウインドウに手書き入力ができます。


「なんのこっちゃ?」

と思われた方は...


とにかくクリックしてみてください。

バージョンによっては更新する必要がありますが、迷わずしてしまいましょう。


会話ウインドウのところにカーソルを持っていき、マウスのボタンを押しながら動かすと...


動かしたとおりに線が描けていないですか?

これを送信すると、そのまんま相手に伝わります。

字を書くことも、絵を書くことも、キーボードでは打ちにくい記号、分数、化学式なども簡単に書けます。


ここまではすでにやったことがある方もいるかもしれませんね。

ここで不満が出てくるのが、マウスで書くということです。

普段マウスで絵を描く機会なんてほとんどないから、思い通りに描けず、汚くなってしまった。

やったことのある人でしたらわかるはずです。

光学式のマウスが出てからは少しマシになりましたけど、ボール式のマウスのときはストレスが溜まる溜まる。ボールにもゴミが溜まる溜まる。


で、それじゃ〜、マウスの代わりにタブレットを使ってしまおうということなんです。

最近は比較的手ごろな値段だ購入できるタブレットも出てきました。

最初のうちは思い通りに描けませんが、使っていくとマウスに比べて断然描きやすくなります。

なんてたって小さいころから使い続けている鉛筆やボールペンなどと同じ形をしていますからね。
これならすぐに思い通り描けるようになれますね。


タブレットはこんな使い方もできるようになったのですね。



blog ranking
posted by DiskHouse at 16:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | タブレット | この記事へのリンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Apple Store(Japan)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。